バイナリーの判定時間とトレンドの強弱

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

判定時間は相場環境によって変更しても良い

バイナリーオプションでは判定時間を選択しなくてはなりません。
もちろん、手法をもとに検証して決めていきます。

わたしの場合は、さらに現在の相場環境によっても判定時間を変えたりしてます。
初心者にはおすすめしませんが、慣れてくると勝率は上がります。

そのときに大事なのは、トレンドの強弱を見極めることです。

トレンドが強すぎるときは、3分バイナリーで反発を狙う。
弱いトレンドの場合は5分、15分バイナリー。

ラインの強さも重要です。

さて、先週の後半は忙しくてバイナリー分析できてません。
今週はバイナリーに集中して頑張りたいです。

本日のエントリー

8戦6勝2敗でした。


エントリー①
バイナリー反発

水色で5分エントリー。
シグナルの同時出現とラインで反発!

赤の四角で反発を確認してからもう1回エントリーしてもOK!


エントリー②
バイナリーシグナル

こちらは信頼できるシグナル。出現したらエントリーしてます。

7本連続の陽線でもあるので、軽い反発があると予想できる。


エントリー③
バイナリーのダイバージェンス

上昇のシグナルが出現。
ロウソクは陰線サブオシレーター赤色上昇を示しています。

ここは買いエントリー。
見事に反発してくれました。


エントリー④
弱いライントレード

ラインがあまり強くありません。
シグナルが出現して、ダブルトップみたいになる可能性が予想される。

5分エントリーで売りでしたが、負けました。
その後は素直に下がってるんだけどね。

残念。判定時間に嫌われました。