指標や要人発言の急激な値動きでエントリーするのはやめよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指標や要人発言には気をつけよう

昨日の深夜、欧州中央銀行の発言でユーロに動きがありましたね。
こういうときは取引してはダメです。

指標発言で相場が荒れたら、すこし休憩してから取引をしましょう。

急激に動いたときの反発を狙うのもひとつの手法ではありますが…
私はあまりおすすめしません。

やはり、バイナリーオプションの場合は、指標や発言の荒れ相場で取引しないほうが良い。



エントリー①
ロウソクダイバージェンス

黄色の○で3分売りエントリー!!
ロウソク足陽線でオシレーターは下降を示しています。

悪くないエントリー箇所だと思います。


エントリー②
オシレーターとの組み合わせ

こちらも先程と同じように売りエントリーです。
大きな陽線も2つ出現してます。

その後の黄色シグナルでエントリー。


エントリー③
ラインタッチ

過去に何度も反発しているラインでシグナル出現。

反発も確認できているのでエントリーできる箇所。
見事に下がってくれました。

綺麗なダブルトップ。


7月4日のエントリー

8戦6勝2敗。

エントリー回数は少なかったですが、バイナリーの相場的には良かったです。