短期バイナリーで順張り手法は不利である

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者は順張りではなく、逆張り手法を選択しよう

初心者は、順張りと逆張りのどっちで手法を考えたらいいか悩む人もいるかと思います。

結論からいうと、「逆張り」にするべきです。
順張りはバイナリーオプションではおすすめしません。

3、5、15分などの短期取引では、圧倒的に逆張りが有利だと思っています。

24時間バイナリーなど長期判定の場合は、順張り手法のほうが有効かもしれません。

forex

逆張りは短期の反発を取ることが全て

バイナリーの逆張りエントリーは短期の反発を狙って取ることになります。

重要なのは、上昇の限界値下降の限界値をしっかりと見極めることにある。

私の場合はこれらを全てインジケーターで行っています。

逆張りの連続エントリーは狂気の沙汰

逆張りの弱点強いトレンドです。
強いトレンド時に連続エントリーすると、見事に連敗していきます。

今までの利益がその一度の上昇または下降により消滅してしまう。

そのような取引は絶対にしてはいけません。

逆張りでの安易な連続エントリーはしてはならない。

1つの上昇、1つの下降の深追いはやめましょう。
落ち着くのを待つことも大切なことです。

本日のエントリー

エントリー①

買いエントリー

シグナル出現とサブオシレーターの組み合わせでエントリー

3分バイナリーで無事に勝利
4本目で下がったので危なかったです。

でも、5分バイナリーでも勝ててましたね。

エントリー②

バイナリー売りエントリー

インジケーターシグナルの同時出現レジスタンスゾーン

これは反発する可能性が高いと判断。

綺麗に反発しています。

レジスタンスラインにふれるまで上昇が一辺倒というのも反発しやすい。

エントリー③

バイナリー売りエントリー

信頼できるインジケーターシグナル
サブオシレーターはしっかりと下降を示しています。

綺麗なダイバージェンスです。

ここは迷わずに売りエントリー

本日のエントリー=14戦10勝4敗。